電力自由化の5つのメリット


電力自由化がスタートしてガス会社・通信会社なども新規参入して「我が家も切乗り換えてみようか?」と検討されている方も多いでしょう。では乗り換えることでどんなメリットが生じるのでしょうか。

複数の選択肢が生まれる

これまでは地域によってこの電力会社で契約すると決まっていましたが、これからは自分達のスタイルにあった会社と契約ができます。1社独占状態では何の競争もなく消費者からすれば面白くないです。複数の選択肢ができて電力会社もさらに発展していくでしょう。

現状より料金が安くなる可能性もある

確実に安くなるとは限りませんが、各社様々な料金プランがあります。自分達のライフスタイルを考えて合うプランがあれば、料金が安くなる可能性もあります。またポイントがもらえて電気料金に還元したり、何か商品と交換したりとこれまでとはかなり違ったものになります。

電気だけではなくセットで契約

例えば…ガス会社が展開する電気料金プランは、ガス+電気=セットで契約すればお得。
通信会社が展開する電気料金プランは、インターネット+携帯電話+電気=3点セットでお得。
などとこれまではガスはガス会社、電気は電力会社と別々の会社と契約していましたがこれからは1社でまとめることができて、さらにお得となります。トラブルの際も窓口が一元化できるので分かりやすいです。

便利にお得になれば乗り換えるのもいいかと思います。

電力自由化であげられるメリット

まず電力自由化であげられるメリットは「電力購入の選択肢が広がる」ことです。

今まで地域を管轄する電力会社が独占的に電力を供給していましたが、電力自由化によって多事業者たちも電力を販売できるようになり、電力の利用者は電力を購入する事業者の選択肢が増えます。

様々な業種から電力事業に参入していますので、今までみたいに電力を販売するだけではなく、電力と電気や電力とインターネットなどセット割引などを行って、少しでも電力を安く提供してくれる事業者が増え、利用者は自分のライフスタイルに合った電力会社を選ぶことで、少しでもお得に電力を使えるようになります。

あと、電力自由化であげられるメリットは「省エネ効果が期待できる」ことです。先程も説明した通り、電力自由化で他業種から電力事業に参入することで色々な料金メニューが作り上げられます。

例えば、夏の昼間だけ買電の価格が高く設定されて、それ以外は買電が価格が安くなるように料金メニューを作り上げられることで、電力を消費する企業や家庭で、上手に電力を節電して電気料金の軽減や省エネ効果を上げることが期待できます。

コメントは受け付けていません。